ホーム >

 

銀行を騙る偽メールが不特定多数の
お客さまに送信されていますのでご注意ください。



銀行を騙る偽メール(フィッシングメール)が不特定多数のお客さまに送信されています。
メールの内容は、システムセキュリティのアップグレードと称して偽サイトへ誘導し、インターネットバンキングのログインを促すもので、インターネットバンキングの認証情報(ログインIDや各種パスワード)を詐取する目的と思われます。

山梨中央銀行からこのようなメールは送信しておりませんので、メールを受信した場合は、メール本文にあるサイトへのリンクは絶対に行わず、速やかにメールを削除してください。
万一、偽サイトを開いてしまった場合は、山梨中銀ダイレクトマーケティングセンターまでご連絡ください。

なお、山梨中央銀行ではフィッシング詐欺対策ソフト「PhishWallプレミアム」を無償提供しておりますので、フィッシング対策として是非ご利用ください。



<偽メールの例>

タイトル :「○○銀行重要なお知らせ」(2016年8月○日更新)
本  文 :2016年「○○銀行」のシステムセキュリティアップグレードのため、
貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要がございます。
以下のページより登録を続けてください。
https://・・・

※メールのタイトルは、他にも「メールアドレスの確認」、「○○銀行本人認証」などが確認されています。 

お問い合わせ先 山梨中銀ダイレクトマーケティングセンター